固定概念を、罪悪感を捨てる時も必要

食べ物、飲み物、ダイエットで制限をしていると、「油は悪だ」「甘いものは敵」と考えていないだろうか

 

確かに、カロリー制限を行っているときに、カロリーの高いものをとることは、それだけで他の食べ物が取れなくなってしまったりして、敵と感じてしまいやすい。

でも、精神的には解放されないだろうか?

食事制限を行う際に、好きなもの、嫌いなものを出来るだけ出してもらい、人にもよるがご褒美として食べることを推奨している。

なぜか!満たされて、ストレスが減るからである。

 

好きなものを我慢だけしていたら、ストレスもためてしまう。

いいものだと思って食べるものと、いやいやながら食べるものでは、体内での消化や吸収が変わってしまうのだ。

食べること、飲むことが好きだという人には、あえて少しの量をとってもらうようにする。

適度ということが出来ないのであれば、一杯だけ、一個だけ、というルールは作るがすべて否定では、今後の生活が楽しくなくなってしまうからだ。

 

無理な制限は、しわ寄せに爆発することが多い。

脳の感覚を正常化して、暴飲暴食をやめ、体の循環、排泄を正常化する事をまず考えると、なりたい自分に智被くことになる。

自分史上、最高の自分になる。

史上最高のあなたに
Copyright 2017 BODYMAKELabo ボディメイクラボ